MENU

生え際の薄毛が目立つ!薄毛対策におすすめの育毛剤ランキング

生え際におすすめの育毛剤ランキングでは、頭皮の血行を促進する効果とAGAの原因である男性ホルモンを抑制する有効成分を、2つとも配合しているものまたは、両方とも兼ね備えている有効成分が配合されているものが人気です。

 

M字型脱毛症の特徴と育毛剤の選び方

 

前頭部からこめかみ周辺(生え際)の髪が抜けていく現象をM字型脱毛症と呼びます。

 

進行していくと、剃り込みを入れたような状況になり、その形がアルファベットのMに似ていることからこのように呼ばれています。

 

M字型脱毛症は壮年期を迎える30代以降の比較的若い世代に多くみられる脱毛症ので、見た目で薄毛と判断しやすく、男性の中でも悩みを持つ人が多いです。

 

しかし、頭頂部から脱毛するAGAよりも早く見つけられるため、早期での育毛ケアが行えるということも言えます。

 

育毛剤を選ぶにあたり、M字型脱毛症に有効な成分が何かを知る必要があります。

 

1つは「血行促進成分」です。毛の根元の毛母細胞に十分な栄養が供給されなければ、毛の成長に重要な毛母細胞の分裂が活発に行われません。

 

また血流が悪いと老廃物も溜まりやすくなります。そこで、センブリエキスなどの血行促進作用が配合されているものが良いです。

 

もう1つは「男性ホルモン抑制作用」です。

 

これはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種が脱毛症の原因の一つとなっていることから、このホルモンの合成に関わる5αリクターゼと呼ばれる酵素の生成を阻害する必要があります。

 

そのために、ノコギリヤシエキスなどの男性ホルモン抑制作用を持つ成分も必要です。

 

これらの成分または、同様の作用を持つ有効成分を2つも配合した育毛剤を選ぶことが大切です。では、おすすめのランキングを紹介します。

 

生え際におすすめの育毛剤ランキング

 

M字型脱毛症に効くおすすめ育毛剤ランキングは、配合成分や効果のデータなどから、医学的観点からまた論理的観点からその効果に望みがあるか、更に実際に体験した人の評価などを基にメリット・デメリットの両方から比較したうえでランキングにしています。

 

ただし、実際に自分の体質と必ずしも合致するとは言い切れませんので、このランキングを参考に自分にあった育毛剤を選ぶと良いでしょう。

 

第1位は『Deeper 3D』です。これは最新の毛髪再生治療にも用いられている成長因子「グロースファクター」と、AGA治療薬としてその高い効果が認められ最近注目されている有用性成分「キャピシル」などが豊富に配合されており、この効果は他の治療薬の3倍と言われています。

 

そのため評価も5段階中5と満点です。

 

第2位は『チャップアップ』です。AGAに悩む人の中では知らない人はいないというほどの人気治療薬で、満足度も97%と圧倒的であり、リピーターもとても多いです。

 

これは、元々クリニックのみでの販売であったものでもあり、医師も推奨しているからです。

 

配合されている成分にはセンブリエキス(細胞分裂促進効果)・グリチルリチン酸(皮脂の過剰分泌抑制効果)・ジフェンヒドラミンHC(血行促進・抗炎症作用)などです。

 

第3位は『ザ・スカルプ5.0』です。あのミノキシジルの3倍の成長促進効果とAGA改善効果の両方を兼ね備えるキャピシルを業界初の5.0%を配合しています。

 

他の治療薬でもキャピシルを配合しているものはありますが、5.0%を配合しているものはザ・スカルプ5.0のみです。

 

内容量も多くコストパフォーマンスにも優れているのでリピーターも多いです。

 

これがおすすめ育毛剤ランキングです。